ジャコウネココーヒーの魅力と美味しさの秘密を紹介します!

おすすめのジャコウネココーヒー選び » 飲む前に知りたいジャコウネココーヒーQ&A » 良い豆の選び方とは?

良い豆の選び方とは?

本当に質の良いジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)豆を見分ける方法をご紹介

「放し飼い」で生産しているジャコウネココーヒーを選ぶべし

コーヒー豆の画像

近年、映画などのきっかけもあり世界的に人気が高まってきているジャコウネココーヒー。元々の生産量(出荷量)は2008年ではわずか50kgという、まさに「幻のコーヒー」でしたが、2010年では約1.2tと、出荷量が激増しています。

その背景には、これまで自然に任せた形で生産されてきたジャコウネココーヒーを、人為的に生産量を増やしていることが考えられます。

たとえば、野生のジャコウネコを捕まえてゲージに閉じ込め、無理やりコーヒー豆を食べさせて生産する「養殖ジャコウネココーヒー」と呼ばれる手法などが挙げられます。

この方法ですと、生産量は増えたとしても、「本当においしいコーヒー豆だけを食べる」という本来の習性から大きく外れてしまうため、生産されるジャコウネココーヒー豆の品質がどうしても落ちてしまいます

本当に価値が高く美味しいと言われるジャコウネココーヒーは、「完熟した美味しいコーヒー豆だけを食べたジャコウネコ」によって生産されるもの。そのため、ジャコウネコを放し飼いにして採取したコーヒー豆の方が必然的に品質が高いと言えます。

「アラビカ種100%」のジャコウネココーヒーを選ぶべし

コーヒー豆の種類には大きく分けて「アラビカ種」「ロブスタ種」の2つの品種があります。

<アラビカ種>

世界中で流通しているコーヒー豆の約7割がこの品種。大粒でツヤのある外見が特徴で、焙煎して抽出すると芳醇な香りと味わいのあるコーヒーとなります。ブラジル、コロンビア、マンデリンなどさらに種類が細かく分かれ、様々な個性を持ちます。

<ロブスタ種>

小粒で病害虫に強く、栽培が比較的簡単な品種。少量の豆でもたくさん抽出できるのが最大の特徴ですが、苦みが強く、単体ではあまりおいしいとは言えません。アラビカ種とブレンドすることで、味わいを引き立てる効果が期待できます。主に、インスタントコーヒーや缶コーヒーなど、安価なものの大量生産用。

本当に美味しいジャコウネココーヒーを選ぶには、言うまでもなく「アラビカ種」の豆を使用しているものを選ぶべきです。

「アラビカ種」と記載されていても、100%でなければ、他のものとミックスされている可能性も高いため、「アラビカ種100%」のジャコウネココーヒーを選ぶようにすることをお勧めします。

素人は見た目ではわからない?!偽物や粗悪品に注意!

日本でもジャコウネココーヒーを取り扱っているお店が増えてきているようですが、そもそもほとんど手に入れることが叶わない希少なコーヒーですから、全てのお店で本当に質の高いジャコウネココーヒーが販売されているかは疑わざるを得ません。

一方で、どれが本当の「ジャコウネココーヒー」かということを認証するしくみも機関も存在しないのが現状ですので、100%保証することは非常に難しいのです。

あえて基準を挙げるとするならば、

  • もっともらしい「保証書」「認定書」などをうたっていないこと
  • 衛生基準をクリアした信頼できる環境で生産されていること

以上をクリアしていることが、ジャコウネココーヒーに関してしっかりと知識のある証拠であり、本物のジャコウネココーヒーを取り扱っている可能性の高いお店であると言えるでしょう。

 
最高のジャコウネココーヒーの見つけ方